ThinkPad X1 Extreme Gen 4(第11世代インテル) の詳細を調べてみました

ThinkPad X1 Extreme Gen 4(第11世代インテル) はまさにクリエイティブなCG・3G CAD・動画編集・写真加工!もちろんPCゲームにももってこいの使えるパソコンです。

メーカーのページはこちら

クリエイター向けフラッグシップノート

  • 第11世代インテル Core H シリーズ プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro そのほかの Windows エディションも選択可能
  • NVIDIA GeForce RTX™ディスクリートグラフィックス搭載可能
  • 最大マルチタッチ対応16.0型 WQUXGA IPS液晶
  • 最大2TBのストレージ
  • 長時間バッテリー駆動

スペック

CPUインテル Core i9-11950H プロセッサー
インテル Core i7-11850H プロセッサー
インテル Core i7-11800H プロセッサー
メモリ8GB/16GB/32GB
ストレージ256GB/512GB/1TB/2TB SSD
液晶サイズ16.0インチ
液晶種類WQUXGA IPS液晶 (3840x2400) 600nit、マルチタッチ対応(10点)、ブルーライト軽減
WQUXGA IPS液晶 (3840x2400) 600nit、ブルーライト軽減
WQXGA IPS液晶 (2560x1600) 400nit、ブルーライト軽減
質量約 1.86kg マルチタッチ対応
約 1.81kg マルチタッチ非対応
バッテリー最大 約12.8時間(JEITA2.0)
通信26万円~

近隣の週末値引きクーポンの調査結果

特徴

グラフィック性能に特化

液晶モニターの解像度だけでも以下の3種類からチョイスすることができます。

  • WQUXGA IPS液晶 (3840x2400) 600nit、マルチタッチ対応(10点)、ブルーライト軽減
  • WQUXGA IPS液晶 (3840x2400) 600nit、ブルーライト軽減
  • WQXGA IPS液晶 (2560x1600) 400nit、ブルーライト軽減

従来のフルHDモニターがパソコンの標準となり、ちょとと高級品は4Kモニターへ移ろうとしていますが、さすがにノートパソコンでは4Kモニターはきついものがあります。

そういった実用性を考えたスペックとなっています。

グラボも選択ができます

NVIDIA 
NVIDIA 
  • NVIDIA GeForce RTX 3080 (16GB GDDR6)
  • NVIDIA GeForce RTX 3070 (8GB GDDR6)
  • NVIDIA GeForce RTX 3060 (8GB GDDR6)
  • NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti (4GB GDDR6)
  • CPU 内蔵(インテル Iris Xe グラフィックス)

GeForceの3000番台は今は 上位スペックでもあり、話題のFPSゲームなどのフレームレートも高レートが期待できそうですね。
今回の場合は、クリエイティブモデルなので、3D関係や映像編集ソフトにピッタリです

モバイル通信に5Gモデルも搭載可能

ThinkPad X1 Extreme Gen4は、オフィスから離れて、どこでも生産性を高められる、フラッグシップノートです。最新のWi-Fi 6Eに対応、5G対応も選択可能。さらに、大容量のバッテリーを搭載しているので、一日中、電源を気にせずに創造性を発揮できます。

5Gの対応バンドは5G Cat20となっております。

快適性

目が疲れにくいブルーライト軽減パネルを搭載。バックライト付きのThinkPadキーボードと広いタッチパッドで、快適な操作性を実現しています。

やっぱり嬉しいセキュリティ機能

包括的なエンドツーエンドのセキュリティ機能のThinkShieldがシステムを保護します。TCG V2.0準拠のセキュリティ・チップ(TPM)によりデータを暗号化できます。指紋センサーは指でタッチするだけで素早く安全にログインできます。

決してモバイル向けでは無い

重量最低1.81kg は決して軽い部類では無いので、どすこい!って感じでカバンから出して ThinkPad X1 Extreme Gen 4(第11世代インテル)

メーカーのページはこちら

Lenovoの週末定クーポン ノートパソコンを買おう
タイトルとURLをコピーしました